2015年06月20日

白絣

「白絣すがりつきたい君の背に」
「白地着て遠ざかる背に手を合わせ」
白絣の似合う殿方って粋ですよね。
二句とも、恋の歌。
もしかすると俳句というより短歌に近い情念かなとも思います。
みなさんはどちらがお好きでしょうか?

素朴.jpg


posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

白桔梗

「赤ちゃんのげんこつ開け白桔梗」
桔梗の蕾って赤ちゃんの握りしめた手みたい。
ゆっくりふんわりお母さんが開いてあげている。
そんなイメージで作りました。

白桔梗.jpg
posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

翔べとんぼ

「欠けた翅(はね)勲章にして翔べとんぼ」
欠けた翅はひたむきに生きてきた証。
まっすぐ前を向いて頑張ろう!!!

蜻蛉.jpg

posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

夏の蝶

「よく来たねお里帰りの夏の蝶」
のびやかなシジミチョウを見てるとお里帰りしたお嬢さんみたい。
大好きなふるさとでのんびりしてね。

夏の蝶.jpg
posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

落し文


     「ああこれが亡き人からの落し文」

    落し文は夏の季語。
    夏は秘密の手紙を書きたくなる季節なのでしょうか?
    亡き人の言葉を時間が経ってから思い出した時に
    ああこういう意味だったのかなあと思うことがあります。
    言われた時にが気づかなかった言葉。
    それも落し文なのかもしれないなと感じて作りました。

   落し文.jpg

posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。