2015年06月15日

浮き人形


     「またおいで 孫の残せし 浮き人形」

    孫はまだいないんですけどね。
    いるときは手がかかるけど、帰っちゃったら寂しいんだろうな。
    「浮き人形」は行水のときに子供が水に浮かべて遊ぶ玩具の総称。
    別名「浮いて来い」。
    「浮いて来い」って何だかほのぼのします。。。
    季語を調べているだけでも新しい発見がありますね。


posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

紫陽花

自由自在に書けばいい。。。
「紫陽花や梅雨の晴れ間は素顔なり」
紫陽花だからって心変わりばかりしているわけじゃないよ。

紫陽花.jpg

posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

ウツボグサ


     「ウツボグサ時には泣いていいんだよ」

    さくちゃんの写真は本当にいいね。
    その良さを皆さんにもお伝えしたくて。。。
    ウツボグサって、ちゃんと夏の季語なんだね。
    抱きしめたいぐらい可愛いお花です(*´∀`*)

        Photo by Mr.Sakuo

   ウツボグサ.jpg



posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

橋(冬編)

   冬の二十句。
   これからは自分のペースで作っていきたいです。
   満足はしてないけど、自分の中では一区切り。
   もっともっと自分の無意識の部分に出会いたい(*´∀`*)

   ・木枯らしよ橋のない川越えてこい
   ・欄干に吐く息白し冬が来た
   ・虎落笛(もがりぶえ)橋ゆく人も背を丸め
   ・神無月橋も静かにお留守番
   ・みぞれ降り橋もびちゃびちゃ濡れネズミ
   ・赤い橋今日はほんのり雪化粧
   ・橋の上三つ子のようなオリオン座
   ・今夜なら冬銀河の橋渡れそう
   ・真っ白に橋も染められ山眠る
   ・着膨れて橋で転んで苦笑い
   ・あやとりの橋が作れずべそかく子
   ・迷い猫橋のたもとで日向ぼこ
   ・しぐるるや橋を行ったり戻ったり
   ・冬帽子息を弾ませ橋渡る
   ・風花(かざはな)が愛本橋からこぼれ散る
   ・初霜を踏みしめ歩く雪見橋
   ・橋の上しばしとどまれ冬の虹
   ・橋渡り君に届けん冬の薔薇
   ・寒鴉(かんがらす)橋におり立ちカァと鳴く
   ・冬の朝しまなみ海道波光り



posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

橋(秋編)俳句を作っております。\(*⌒0⌒)♪

   秋を仕上げました。(*´∀`*)
   ズルがバレそう。。。
   ご愛嬌ということで笑って許してくださいm(_N_)m
   やればやるほど、難しさだけがわかる。。。
   でもね、石の上にも三年。
   三年後には歩き出してるように頑張ります\(*⌒0⌒)♪

    ・愛本橋縁(えにし)が廻(めぐ)る星月夜
    ・愛本橋善き人つなぐ星月夜
    ・水澄みて橋から覗くわが心
    ・渡り鳥いくつもの橋越えてゆけ
    ・いなびかり息をひそめて橋の下
    ・秋深し橋に佇み物思い
    ・桟橋で別れを惜しむいわし雲
    ・沈下橋振り返る君桃の頬
    ・流れ星君が指さす橋の上
    ・初嵐橋の上にて髪なびく
    ・秋の暮一人寂しく橋の上
    ・秋の空飛龍の如し天橋立
    ・宵闇に逢瀬を誓う橋の上
    ・十六夜に橋の袂で焦がれ待つ
    ・秋遍路鈴鳴らしつつ橋渡る
    ・橋に立ち月見座頭に想い馳せ
    ・雨上がり橋の上から紅葉狩り
    ・橋を焼けわが背後には盆の月
    ・秋の蝶橋を渡りて極楽へ
    ・きりぎりす橋のたもとでリサイタル



posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。