2015年09月09日

満月の道


     「満月や彼の人(かのひと)歩む道照らす」

    『満月の道』をリアルタイムに拝読できたこと。
    それは私の人生において大きな大きな転機になりました。
    『満月の道』で、熊吾一家と共に過ごした時間、これから過ごすであろう
    時間は私の宝物だなあとただただ感謝しています。
    その感謝の気持ち。
    それを言葉にするなんて、何とおこがましいことなのでしょうか。
    それでも、私は、感謝の気持ちを俳句にしてみたかった。。。
    これからも折あるごとに、言葉にしていきたいのです。
    今から『満月の道』を読み直してみようと思います。


   満月の道.JPG





posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。