2015年10月16日

火の恋し


     「君送りその帰り道火の恋し」

    「火恋し」というのも面白い季語ですね。
    秋になって寒くなってきて炬燵や暖炉の火が恋しくなる。。。
    それはちょっぴり人も恋しくなるってことでもあるのかなと思いました。


        Photo by Teraken

   火の恋し.jpg






posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

秋の色


     「乙女達(ら)の心浮き立つ秋の色」

    秋になるとお化粧から衣装から色合いがガラリと変わります。
    デパートのショウウインドウもまるで別世界。
    秋の色が街中に溢れるこの時期は心浮き立ちます。
    お洒落に夢中な乙女たちならなおさら。
    秋の色を楽しみたいです♪♪♪


        Photo by Mr.Sakuo

   秋の色.jpg



posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

秋螢


     「生き抜くと指きりげんまん秋螢」

    写真は講演会の時のものです。
    秋の螢川はどんな感じなのでしょうか。
    富山への想いがつのります。


        Photo by Mr.Sakuo

   秋螢.jpg



posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

秋の暮


     「秋の暮水面漂ふ光消ゆ」

    秋の夕暮れは釣瓶落とし。
    水面で揺れる光も消えていきます。
    それをアンニュイととらえるかどうかは人それぞれ。
    みなさんは、いかがでしょうか。。。


        Photo by Mr.Teraken

   秋の暮.jpg




posted by なる at 18:01| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

秋の風


     「秋の風髪にいたずらして去りぬ」

    秋風が吹き抜けていきます。
    乙女の髪をなびかせながら。。。
    いたずらっ子の少年みたいですね(^_-)-☆




posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。