2015年10月19日

案山子


     「捨案山子しあわせ求めて虹渡れ」

    稲の借り入れが終わったら案山子は捨てられます。
    その後はお風呂の薪になってしまうこともあったそうです。
    私は案山子というと「オズの魔法使い」を思い浮かべます。
    決して諦めずにしあわせになって欲しいです(^_-)-☆


        


posted by なる at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。