2016年01月31日

春遠からじ


     「男波がひとつ春遠からじ北の海」

波には男波(おなみ)と女波(めなみ)があるんだそうですね。日本海の冬の荒々しい波にはすでに春の兆しがひそんでいるように感じました。

       Photo by Sakuo

男波.jpg

posted by なる at 19:57| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

外套


     「外套を纏った鳥や仁王立ち」

もふもふとした外套を着込んだ鳥は雪が降ってもあたたかそう。雪が降っても平気だよって言ってるみたいですね。(^_-)

       Photo by Sakuo

外套.jpg

posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

真冬にも


     「真冬にも花降る店の昼下がり」

念願のルナールブルーにおじゃましました。夢にまで見た鶉のパイ包みは絶品でした。もちろんお料理もワインもすべて美味しかった(#^.^#)
麻子ちゃんとシェフのおもてなしも最高でした。
ありがとうございました。
ミオちゃん、付き合ってくれてありがとう。
必ず裏を返しに行きますね❤

鶉のパイ包.jpg

posted by なる at 00:00| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

霜柱


     「霜柱最初に踏んだ子はしゃぐ声」

   霜柱を踏んだ時の音ってワクワクしますよね。
   一番乗りした子の得意そうな顔。
   冬もいいなあって思える瞬間です。

       Photo by Sakuo

霜柱.jpg

posted by なる at 00:01| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

降りつむ雪


     「時越えて降りつむ雪や縁結ぶ」

富山で雪が降るというとすぐに『天の夜曲』を思い浮かべます。
先日の講演会当日がサンダーバードが止まってしまうほどの雪であったこと、そんな中でも全国からテルニストが集結したことにも不思議な縁を感じました。

       Photo by Sakuo

富山駅.jpg


posted by なる at 00:09| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする