2016年01月21日

悴(かじか)む手


     「悴(かじか)む手優しく包む人ありき」

   先週末から、急に寒くなりましたね。
   手が悴んでいると心まで悴んでくる気がします。
   でもね、必ずその手を優しく包んでくれる人がいる。
   悴む手を優しく包んであげたい人がいる。
   それが幸せの始まりなのかなと思ったりして。。。
 
       Photo by Sakuo

かじかむ手.jpg



posted by なる at 00:11| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

冬の空


     「悲しみを雲に吸わせた冬の空」

   悲しくなるくらい澄みわたった冬の空。
   でも、白い雲がちゃんと悲しみを吸ってくれている。
   中原中也の詩を口ずさみたくなるような空です。

       Photo by Sakuo

冬の空.jpg

posted by なる at 00:03| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

庭先の雪


      「庭先の雪に小さき足の跡」

   急激に降った雪は多くの人の足を止めました。
   その一方で雪が降ると、心がときめくのです。
   昔、実家の庭に雪が積もった時に見た小さな小さな足跡。
   あれは誰の足跡だったのでしょうか(*´∀`*)

       Photo by Sakuo

庭先の雪.jpg


posted by なる at 00:15| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

風邪ひいて


     「風邪ひいて浮かされて見た君の夢」

   風邪をひいて熱に浮かされた夜は、ときおり長い夢を見ます。
   長いあいだ、心に蓋をしていたはずなのに溢れ出る想い。
   目が覚めてもゆめとうつつの間にいるようで呆然とします。
   とても懐かしくて美しいセピア色に変わっていた思い出。
   風邪をひいたおかげで思い出せて良かった。。。

       Photo by Sakuo

風邪ひいて.jpg

posted by なる at 00:15| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

冬の陽


     「冬の陽や寄り添う薔薇の心汲む」

   冬の陽が薔薇たちの縁をとりもっているみたい。
   結局、自然のもたらすものって人智を超えてるんだなあ。
   冬の太陽のパワーをもらって元気いっぱいです。

       Photo by Teraken

冬の陽や.jpg

posted by なる at 00:04| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。