2016年01月11日

寒四郎


     「庭木まで身をすくめたり寒四郎」

   2016年の寒の入り(小寒)は1月6日。
   小寒の四日後を寒四郎と言うんだそうです。
   急に寒くなったこの週末、こころなしか庭木も寒そうにしています。
   季語を知るということは四季を慈しむ日本人の心を知ることなのではないでしょうか。
   もっともっと知りたいなと思っています。



posted by なる at 00:02| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。