2016年02月08日

春を待つ


     「春を待つ朝の挨拶晴れやかに」

   まだまだ寒くても少しずつ春が近づいてきています。
   大きな声で朝の挨拶をしましょう。
   一日気持ちよく過ごせますものね。

       Photo by Sakuo

晴れやかに.jpg



posted by なる at 21:41| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

雪化粧


     「待ちわびた貴方のために雪化粧」

富山の雪景色を見ると、『田園発 港行き自転車』で日吉京介が歩いた時を思います。
人生の決断の時はいつ来るかわかりません。

 「何がどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」

今までもこれからも、この言葉をつぶやきながら歩いていきます。

       Photo by Sakuo

雪の匂い.jpg

posted by なる at 00:20| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

枯れ枝


     「枯れ枝の寂しさ溶かす青い空」

葉っぱがみんな落ちてしまった木の上に青空。
毎日、居間から見える風景なのですが、この日はなんだかとても枯れた枝が寂しそうでした。それでも精一杯のびようとしている姿がいじらしくて思わず写メしてしまいました。

枯れ枝の.jpg



posted by なる at 00:03| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

蝋梅


     「蝋梅の香に惑わされ家を出る」

   ちょっぴり意味深な一句。
   いろいろ想像してみてくださいね(^_-)-☆

       Photo by Sakuo

蝋梅.jpg


posted by なる at 01:18| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

春隣


     「春隣出逢い求めて旅に出る」

   昨日は立春でした。
   少しずつ少しずつ春が近づいてきています。
   まだまだ寒いけど、ふと旅に出たくなりました。

       Photo by Sakuo

春隣.jpg

posted by なる at 10:01| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。