2016年03月08日

春時雨


     「今生の別れを惜しむ春時雨」

新潮に連載されていた『長流の畔』が完結しました。
新潮を買いに行く間、春の雨に濡れながら、惜別の寂しさと同時に今日のこの雨は慈雨なんだなあとしみじみ感じました。
今生の別れはいつも突然やってくるように思うけれど、その予兆は日常生活の中に潜んでいる。死なない人間などいないからです。
『星々の悲しみ』で有吉が言った「またな」という言葉が心の中でリフレインする一日となりました。

       Photo by Teraken

春時雨.jpg



posted by なる at 00:49| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。