2016年05月13日

藤盛り


     「花萌ゆる愛の重さよ藤盛り」

平安時代、紫は高貴な色でした。
源氏物語でも藤壺の宮は光源氏の初恋の相手です。
薄紫の優美な花でありながら、光源氏との不倫の子供を身ごもるという辛い運命を負うことになります。
この写真から藤壷の宮の心の叫びを聞いたような気がしました。

       Photo by Sakuo

やまふじ.jpg



posted by なる at 00:09| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。