2016年05月21日

薔薇


     「何があろうと上向く薔薇の心意気」

俳句は写生であることを推奨したのは正岡子規です。
話はガラリと変わりますが、私は二十歳の頃に再生不良性貧血という病気にかかりました。
その時に命を救ってくださったのが正岡徹先生です。
正岡先生は正岡子規の末裔で正岡会の会長をされていることを知ったのはつい最近のことです。
なんだかとっても不思議なご縁だなと思います。
これもきっと天のおはからいなのでしょうね。

       Photo by Teraken

上を向く.jpg



posted by なる at 00:11| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。