2017年03月03日

春昼や


     「春昼や小暗がりでも花白し」
闇の中にいても凛として気高く生きていく人がいる。
このセリバオウレンも可憐な花です。

       Photo by Sakuo

セリバオウレン.jpg

posted by なる at 23:05| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする