2016年10月06日

虫の闇 


     「眠れぬ夜翅振り合ひし虫の闇」

「虫の闇」ってどこか寂しげで心惹かれる季語です。
「袖振り合うも多生の縁」を感じながら虫の声を聞いています。

      Photo by Sakuo

虫の闇.jpg



posted by なる at 01:05| Comment(2) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虫の闇、いい言葉ですね。
真っ暗の中でも、祭り創りを止めない虫たち。
周五郎の言葉かどうかは忘れましたが
そうだったような...。
その言葉を思い出しました。

絶望こそが黄金だ。
水を流そうと思うなら
流そうと思う方を水の在る
場所より低く掘らねばなら
ぬ。「流れよ!」と言った
だけでは水は流れはしない。

絶望の中にこそ、黄金がある。
闇の中にこそ、実りのある祭り創りのはじまりが。

虫たちの声が、同志の掛け声に聞こえてきました^^
Posted by レモンハート at 2016年10月06日 12:26
レモンハートさん、またまたお返事がおそくなってごめんなさい。
闇の中に潜む生き物たちの息遣いに人生の秘密がある。
そんな気がします。
Posted by なる at 2016年11月04日 00:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。