2018年02月21日

蛙の目借時


「心音はとくとく蛙の目借時」

まだ季節的には少し早い季語です。
蛙の目借時とは、「晩春の蛙が鳴き出す頃の暖かさは眠気を誘い、うつらうつらとしがちである。これは蛙に目を借りられるせいだと古来伝えられており、この時分を目借時と呼ぶ」のだそうです。(「今はじめる人のための歳時記新版」より引用)
面白い季語ですね✨



posted by なる at 10:47| Comment(0) | 俳句 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。